人間関係が良好でサポートしあえる環境

未来都タクシーの人間関係

人間関係が良好でサポートしあえる環境

タクシーの営業所内の人間関係も気になるところですが、未来都タクシーでは、サポートし合える人間関係も魅力の一つです。新人のタクシードライバーは何かと自信を持てずに業務に臨まなければならないかもしれません。特に事故を起こしてしまった場合など、何かの失敗をしてしまったりそれが届いてしまったりした場合は元気を失ってしまうことも十分に考えられます。そんな時でも先輩社員や営業所の方がちょっとした声かけをしてくれたり気遣ってくれるというエピソードもあり、未経験者の社員が一人前になるまでサポートが充実している会社であると言えます。

 

未来都タクシーでは、社員の実に8割が未経験者や他の職種からの転職で入社しており、新人のサポートや教育に関しては他とは違う社内環境を実現しています。それも社員の間でのサポートや連帯意識につながっており、本来人間関係のしがらみやいざこざの少ないタクシー業界の特徴もあって、人間関係に苦労せずに働いている方が多いようです。

 

タクシーにおける人間関係の特殊性

タクシー会社では、一人の人と深く付き合うよりも多くの人とうまくやっていけるようなスキルが求められます。中には、社員同士の連携を深めようとクラブ活動やスポーツなどを行うタクシー会社もあります。未来都タクシーでも、囲碁や将棋のクラブ活動や社員による野球大会を行っており、社会的なアクティビティは比較的多い方だと言えます。もちろんそうした活動を望まなければ参加する必要はなく、タクシー業務と同じように人間関係を築くことが可能です。

 

元々、タクシードライバーとして働くということは、朝の出勤と夕方の帰ってくる時以外他の社員の方々と顔を合わせる時間はあまりなく、比較的気楽な人間関係を持てる仕事であります。タクシードライバーの中には無口な人も多く、未来都タクシーのように接客を徹底しているタクシー会社であればいざ知らず、中小規模のタクシー会社では、お客さんとさえ会話をしないドライバーも存在します。それでも、お客様を無事目的地に送り届けることができれば目的を果たしていることになり、タクシードライバーという職業の特殊な一面も垣間見ることができます。

 

会社の社風も関係している

企業の研修制度がしっかりしており、ドライバーが法令を遵守して健全な状態で業務を行っているタクシー会社は、社員同士の関係も良好と言われています。

 

未来都タクシーはそのような状態で業務を行うことができる、優れたタクシー会社という評判です。