箕面営業所

箕面市とは

箕面営業所

認可車輌数57両を有する箕面営業所がある大阪府箕面市は、大きなエリアが北部・東部・中部・西部と、中央に位置する箕面・滝道エリアに分けられており、それぞれに特色があります。箕面・滝道エリアには国定公園の中にある箕面の滝が有名で、緑や山間部が箕面市の6割を占めるという自然豊かな環境が自慢です。北部エリアには樹木が大きく広がっており。淀川沿いには田畑や昔ながらの集落が広がるのどかな風景が特色となっています。渓流釣りやゆずや梅、栗などの栽培も盛んで、春や秋には地元の農産物で味覚を楽しむことも可能です。

 

東部エリアでも川沿いに集落や農地が広がっており、その周辺では市街地の整備が進んでいます。明るく高級感のある街の雰囲気の開発が進められていて、郊外には大型のショッピングモールやサービス施設が軒を連ねており、モノレールの設置によりアクセスも非常に簡単です。中部エリアは2020年に北大阪急行線が延長されることで注目を集めており、やはりここも自然と共存しながら住みやすい環境の整備が進められています。市立病院や福祉センターなど保険や医療の中心地となっているのも特徴です。西部エリアには阪急箕面線が通っており、大阪中心部のベッドタウンとして生活の拠点となっています。箕面駅周辺に商業施設や行政施設が集中しているのも、ここに住む人が集中していることを物語っています。

 

子育てをサポートする行政

箕面市は「子育てしやすさ日本一」を掲げております、保育所の増設や医療費の助成など、子育てしやすい環境の整備を率先して進めています。実際にお子さんをお持ちの家庭が移り住んでくる割合が高く、通年の待機児童ゼロを目指して保育所定員を常に拡大しています。2017年からは、子供の医療費が高校卒業年齢まで助成を受けることができるようになり、雨の日にも自由に休めるキッズコーナーが市内に10ヶ所設けられ、常駐するスタッフが様々な年齢の子どもたちが快適に遊べるようサポートを行っています。

 

妊婦さんの定期健康検査の費用を箕面市が14回にわたって助成を提供しており、生後4ヶ月を迎えるまでも赤ちゃんをお持ちの家庭は、保育士が全戸訪問するという徹底ぶりです。市内に500ヵ所以上の提携店を設定し、「箕面まごころ応援カード」を提供することで割引などのお得なサービスを受けられるように生活面でも環境を整えています。前述のように緑が豊かな環境と相まって、大阪府で住みやすさナンバーワンという評価を受けているのが箕面市です。

 

まとめ

住みやすさで群を抜いた環境を実現しているのが箕面市です。

 

大阪中心部への通勤も簡単なため、タクシードライバーとして就職をお考えの方が住むにも良い街となっています。