賞与年2回で月例歩合48%に設定

未来都タクシーでの給与

賞与年2回で月例歩合48%に設定

未来都タクシーでは年間の賞与が二回あり、歩合制48パーセントに固定されていることで、給与形態を明確化しています。これは特別高額な給与となるわけではありませんが、業務内容を考えると健全な割合であると言えます。単純計算すれば、売り上げの半額が自分の給与として返ってくるため、乗務員のやる気アップにつながりやすいかもしれません。これに基本給も加えられるため、ざっと自分で概算出来るでしょう。

 

これだけでなく、未経験者には入社後12か月間の給与保証があるため、仕事に慣れるまでの期間もそれなりに稼いでいくことが可能です。研修体制もしっかりしているため自信を持って働ける環境が整っている未来都タクシーですが、何かと不安な初心者のために給与保証と賞与を設け、業務内容だけでなく地理にもある程度詳しくなった状態で独り立ちできるでしょう。そういったサポートが豊富なのが未来都タクシーの特徴です。

 

タクシーの“歩合率”について

タクシー会社の給与の歩合率にはそれなりの幅があります。中には60%というタクシー会社もあり、売上の6割が自分の懐に入ってくる計算になります。しかし、歩合率と自分の手取りは必ずしも同じではありません。歩合率が高いタクシー会社は給与から天引きされる内容が多かったり、固定客が少ない、乗り場を確保していないなど、売り上げを向上させにくい要素が多く見られることがあります。

 

そのための歩合率の高さと言っても過言ではありません。しかし、一般的な50パーセント前後の歩合率のタクシー会社では、自分の給与に反映される分が少ない反面、社会保障が充実していたり売り上げを上げやすい環境が整っているなど、むしろ高い給与を得られる環境が整っていることがあります。これには実際の手取りを計算してみることが必要でしょう。売り上げを向上させやすいタクシー会社の特徴としては、無線配車による無駄のない運用がなされていることや、固定客が多いこと、専用のタクシー乗り場を確保していることなどが挙げられます。歩合率だけに左右されず、実際の給与がどの程度になるかを考えてみましょう。

 

まとめ

歩合率の数値よりも、実際の手取りの保証の方が重要です。

 

未来都タクシーでは、未経験者の場合12か月間も給与保証があり、サービス残業や無給の休日出勤もないため、職種としては健全で稼ぎやすい仕事であるとも言えます。働いた分が反映される給料はやる気にもつながりやすいでしょう。