2種免許取得費用を全額負担してくれる

会社が全額負担する二種免許

2種免許取得費用を全額負担してくれる

二種免許の取得を会社が全額負担してくれるのも未来都タクシーの魅力です。タクシードライバーとして働くには二種免許の取得が必須です。これには、通常の自家用車を運転する際に必要な一種免許を取得してから三年以上の期間を必要とします。多い場合で30万円ほども必要となる場合がある二種免許ですが、会社が全額負担してくれるため安心して業務を始めることが可能です。規定はありますが、二種免許が無事取得できた際には祝い金10万円が支給されるなど、未経験者でも自信を持って始められるでしょう。

 

二種免許取得後には研修が始まりますが、その期間も日給一万円が保証されているため、業務やマニュアルの履行に集中することが可能です。さらに、未来都タクシーでは12か月間にわたって25万円の給与保証も行っているため、二種免許の取得費用援助から始まって一年間は、仕事内容に集中できるように徹底的なサポートが人気の秘密となっています。一年間もあれば、十分業務に慣れることも地理を覚えることも出来るでしょう。

 

免許取得までの流れ

二種免許の取得費用負担については、会社によって規定が異なります。未来都タクシーのように一定の規定を設けて全額負担を行う会社や、一部負担に留まるところなど様々です。いずれにしても、会社側が負担するケースが増えてきており、社員が働きやすい環境を作るために工夫しています。二種免許の取得には、運転免許試験場で実技試験を受ける方法もありますが、一般的なのは教習所の合宿によって短期間で取得する方法です。一週間から10日程度で取得でき、教習所が実施する卒業試験に合格することで、免許を取得することが可能になります。

 

二種免許を取得した後は、地理や接客に関する特別な運転講習を受けます。専門の講習センターを利用するのが一般的ですが、タクシーの業務を行う上で必要となる法規制や運転の動作を始め、乗客として第三者を安全に目的地へ連れて行くための地理的な知識を学習します。特に東京や神奈川、大阪でタクシー業務に就くドライバーには地理試験は義務付けられており、80パーセント以上の正解率が求められる、知られざる難問と言われていますが、すでにその地域で運転しているドライバーにはそれほど難しいものではありません。

 

まとめ

未来都タクシーでは給与保証とも相まって、全くの未経験者が働きやすい環境が整っています。

 

不安な方でも会社のサポートを受けながら業務に慣れていくことが出来るでしょう。