先輩車両の助手席で先輩に直接学べる

同乗研修にはメリットが多い

先輩車両の助手席で先輩に直接学べる

新人のドライバーに対しても同乗しながらの研修を行うため、未経験者でも安心して乗務を開始できるのが未来都タクシーでの働き方です。タクシードライバーの営業には様々な技術や経験が関係しています。運転技術もさることながら、最も大きいウエイトを占めるのは接客方法です。そのノウハウや注意すべき点、知識としては頭に入っているマニュアルをどのように履行するかなど、先輩社員に同乗して学べる点は非常に多くあります。業務を開始したての新人ドライバーの場合、運転と接客を両立することが非常に難しく感じるものです。

 

どちらにも集中力を割かなければならず、運転に集中すれば接客が疎かになり、接客に集中すれば運転がおろそかになって事故が発生する危険性が高まります。こうしたことは研修でいくら学んでいても、実際に路上に出てみると思っているほどうまくできないことに気づくものです。先輩社員との同乗研修により、詳細な点に至るまで「実際にどのように業務を行うか」を目の当たりにすることができるため、その後の業務に役立つ非常にたくさんの教訓を見つけられるでしょう。特に、未来都タクシーでは、ルートの選定さえもお客様の意向を確認しながら行うため、熟練した先輩社員の仕事ぶりを見るのは必須であるとも言えます。

 

すべてのタクシー会社が行なっているわけではない

この同乗研修は、全てのタクシー会社が行っているわけではありません。タクシー会社によっては配属後すぐに一人で乗務を開始したり、研修制度そのものが整っていないという場合もあります。小規模のタクシー会社や新参の企業にはありがちなことですが、未来都タクシーでは社員の8割の未経験ドライバーを育ててきたノウハウがあり、それゆえに同乗しながら研修を行う重要性を深く認識しています。

 

タクシードライバーは、基本的に一人で働き一人で稼がなければならない仕事です。地理やお客様を見つける方法、効率よく稼ぐことができる穴場を熟知しているベテランドライバーであれば、比較的楽に稼げる自由な仕事であるのですが、新人ドライバーにとってはそうはいきません。慣れない地理やなかなか見つからないお客様、効率よく稼ぐことができる場所を知らない新人ドライバーは、慣れないタクシーの運転と相まってお金を稼ぐところが安全な運転をするので精一杯かもしれません。そうした新人ドライバーをサポートするために、熟練したベテランドライバーが同乗で研修を行うことで、優秀なタクシードライバーを多数育てていくという狙いがあります。

 

まとめ

研修期間中は、同乗しながら学べるメリットを最大限に生かして、

 

先輩社員の技術や経験を盗むように努力しましょう。