座学でしっかり研修・学習できる

未来都タクシーの研修

座学でしっかり研修・学習できる

充実した研修制度を整えているのも未来都タクシーの特徴です。そのことは、乗務員の実に80%がタクシードライバー未経験からのスタートを実現しているということにも表れています。運転に関しては経験があっても、タクシーのドライバーになると安全確保や管理の面で普段の運転とは違う知識や技術が求められます。

 

未来都タクシーでは、今までに未経験者のタクシードライバーを多数育ててきたという実績やノウハウがあり、タクシードライバーに挑戦してみたいものの自信がなく不安だという方でも、全面的なサポートを受けてエリアで乗務を開始することができるようになります。二種免許を取得するのも会社側が全額負担してくれるため、文字通り一切経験がない方でも安心してスタートを切れるように会社全体でサポートを行います。加えて、未経験者の方であれば、最初の12か月間は毎月25万円の給与が保証されるため、運転はもちろんのこと営業エリアでタクシーの乗務をこなすサポートも十分に受けられます。

 

一般的な研修の流れ

タクシードライバーの研修は入社したその日から始まります。一般的には、タクシーの乗務員として働くのに不可欠な二種免許の取得から始まり、都市部であれば、地理的に必要な知識を取り入れるための地理試験対策の研修、タクシーセンターの講習と地理試験の受験、適性診断や健康診断を経て、その後タクシーの営業方法や接客方法、法律に関する識の研修へと進んでいきます。研修中は朝の時間が早いのが普通で、6時50分に朝礼開始というケースが一般的なようです。タクシーの世界は24時間営業であるため、研修もそれに応じた時間帯に行われるケースが多いようです。

 

研修中には日給が支給されるのが一般的であり、未来都タクシーの場合は日給一万円が研修中支給されます。こういった過程を経て、各タクシー会社で乗務前に行われる研修が始まるのですが、未来都タクシーでは、法律に関する研修も座学を通して徹底的に行われ、顧客対応や無線営業の仕組みなどもしっかりと学習していきます。勤務時間の厳守や事故・違反を起こした際の対応も学ぶため、その後は学んだ知識を活かす冷静さや考える力が試されるようになります。

 

まとめ

学ばなければならない内容は多いとはいえ、研修制度や教官となる先輩社員の方のサポートが充実しているため、

 

未経験者の方でも安心して講習を受け、業務を開始することができるでしょう。