AT免許だけでも働けるので運転しやすい

オートマ車両で運転も簡単

AT免許だけでも働けるので運転しやすい

未来都タクシーで採用しているのは、トヨタ・クラウンセダンです。未来都タクシーでは全車オートマチックを採用しているため、オートマ限定免許しかお持ちでない方でも安心して業務に就くことができます。タクシードライバーといえば運転のプロというイメージですが、ドライバーに求められる内容は多く、マニュアルに慣れていない方には過酷な職場環境とも言えます。まず第一に地理に通じており、お客様の説明を素早く理解し、かつ目的地までのルートを迅速に組み立てることができなければなりません。

 

その上お客様が乗った瞬間から降りる瞬間までは「接客」の時間であり、お客様に合わせたコミュニケーションや配慮が求められます。こうしたことを行いながら、お客様にとって快適なマニュアル操作を行うのは決して簡単な仕事ではありません。もちろん、ベテランドライバーの中にはこうしたことをスムーズに行える方も多数存在するものの、新人ドライバーや特別運転が得意というわけではない方にとっては、かなり高いハードルとなります。そうした技術面での不安を払拭しより業務に集中するために、未来都タクシーではオートマの車両を用意しています。実際にオートマ限定免許を取得する人数は増えており、そうした若く新しい世代の確保するためにも、オートマ車両の配属を設定しています。

 

クラウンセダンの特徴

未来都タクシーで採用している車両は、四角くて見切りの良いクラウンセダンで、5ナンバーサイズに収まる程よいサイズ感が特徴です。時にタクシーは狭い路地も入っていかなければならないこともあるため、見切りの良さや幅感覚のつかみ方は重要な要素です。クラウンセダンはこの点でも優秀なデザインで、タクシードライバーが自信を持っていてするのに必要な要素を備えています。

 

2002年までの車両には6気筒も採用され運転も快適だと言われていますが、現在ではほとんど全てが2リットルのエンジンを採用しています。タクシー向けにはLPGガスを利用した4気筒エンジンを搭載しており、経済性と必要十分な馬力を確保しているのが特徴です。前述のようにオートマ車を採用しているため、運転も非常に安楽で業務に集中しやすいのがメリットと言えます。見た目は一昔前のセダンに見えるものの、なんと2017年6月まで同じ形でずっと生産されていたロングセラーとなった車両です。

 

まとめ

運転に自信のない方でもすぐに慣れることができるでしょう。

 

運転しやすい車両とオートマのシステムにより、地理と接客に熟練したベテランドライバーになるのもそう遠い話ではないかもしれません。