先輩と交代して現場で学ぶ

業務を通してで学ぶこと

先輩と交代して現場で学ぶ

免許取得や社内研修を経て無事路上でデビューした後は、自分で経験を積みながらタクシードライバーとして成長していくしかありません。そもそも、タクシードライバーの業務や生活は一般的なサラリーマンのそれとは大きく異なっています。隔日勤務や早朝から夕方までの昼勤務など、働き方や働く時間帯も違うため、その生活に自分のリズムを合わせていく必要があります。路上に出た後は、なんといってもお客様を探さなければなりません。タクシーの仕事の基本は、走りながらお客様を探す“流し”にあるため、タクシーを待っているお客様を探す技術を身につけなければなりません。

 

ベテランドライバーになれば、目線や立ち方などの雰囲気だけで見分けられるといいます。しかし、安全運転をしながらそれだけの技術や勘を身につけるには、それ相応の時間がかかることも想像できます。現在ベテランと呼ばれるドライバーでも、当然最初は右も左も知らないドライバーであったため、新人ドライバーには諦めずに業務を続けて行く根気や願いの強さが求められます。

 

地理や運転スタイルに関しても学ぶ

地理についても学ぶべきことがたくさんあります。未来都タクシーでは、前者に充実したドライブサポート装備が装着されているため、落ち着いてルートを検索すれば道に迷うことはまずないでしょう。未来都タクシーの特徴として、走行前にお客様に必ずルートを確認するというマニュアルの内容が挙げられます。これはお客様の安心や信頼のためだけでなく、タクシードライバーが確実に目的地までたどり着くためのひとつの段階でもあります。

 

もちろん、走行距離を重ねることでタクシードライバー自身としても経験を積むことができ、基本的にはナビの案内なしで地理を理解することができるようになるでしょう。そうしたスキルはタクシードライバーにとって不可欠ですが、ドライバーが頭の中で地理を理解していたとしても、お客様も同じように考えているとは限りません。そのため、走行前には必ずルートの了承を得、それから走行を開始します。自身が経験によって学んだ大阪の地理や効率的なルートとナビによる確実な案内、そこにお客様の了承を加えて業務を行うのが未来都タクシーの営業スタイルです。

 

まとめ

未来都タクシーでは研修制度がしっかりしているため、路上に出ても何もわからないということはまずないでしょう。

 

経験を積むことが求められるものの、落ち着いて毎日業務をこなしていれば、いずれはベテランドライバーのような仕事ぶりも可能になります。