管理職の最終チェックで合格決定!

最終チェックをクリアしよう

管理職の最終チェックで合格決定!

タクシードライバーになりたいとしても、タクシー会社や営業所が合格と認めてくれなければ、ドライバーとして働くことはできません。タクシー会社において、最終的にチェックを行うのは管理職にあたる営業所の所長やそれに準ずる立場にある社員の方であることがほとんどです。面接の際にも面接官となるのはこれらの立場にある社員であることが多く、運転やタクシーの業務に関する確認事項を丁寧に質問していきます。その会社でタクシードライバーとしてデビューさせるのに不備がないかしっかりと確認しなければならないため、こうした責任ある立場の社員が監督や確認に当たるのが通常です。

 

特に、運転に関して問題がないかは最重要事項の一つとして確認されます。過去の事故歴や違反歴がないか、あったとすればどのような内容だったかまで確認し、タクシードライバーとして適切な人物かどうかを審査していきます。誰しも交通事故を起こしてしまう可能性があり、タクシードライバーとして働いている方でも常に交通事故の危険性があるため、過去に事故を起こしているだけで採用されないという訳ではありませんが、違反点数や免停の経歴などがあるとマイナス評価となってしまうことが多いようです。

 

自分の状態にも注意を

面接官や監督のチェックは、タクシードライバーとして適性があるかどうかにまで及ぶこともあります。タクシードライバーに向いているのは、自己管理やコミュニケーション能力がある人です。タクシードライバーは常に健康な状態でなければなりません。運転という、自分とお客様以外にも路上に存在するありとあらゆる人の命も左右し得る業務を行うため、健康で長時間の運転に耐えるコンディションを保たなければなりません。生活習慣が整っていない人や不健康な生活を送っている人は、その面での改善も求められるかさもなければ採用不可という結果になってしまうこともあります。

 

十分な休養を取り、心身ともに健康な状態でいられる人は、タクシードライバーとして採用される可能性は高まるでしょう。タクシードライバーの仕事は運転が第一と思われがちですが、タクシー業=接客業と捉えている会社が多く、未来都タクシーでも徹底した接客研修を行っています。どんな人とも会話で盛り上がれると考えるのは現実的ではありませんが、個々のお客様が快適に過ごせるような車内空間を実現するため、ひとりひとりに合わせたコミュニケーションスキルを身に付けたり、学んでいく意欲が求められます。

 

まとめ

面接官や先輩社員の目線を恐れる必要はありませんが、誠意を持って面接や研修に臨み、

 

自分がタクシードライバーとして向いていることや少なくとも学ぶ意欲にあふれていることを見せるように意識していきましょう。